ゴルフのラフショットについて

アプローチショットの場合、フェアウェイから打つよりラフや傾斜からのショットの割合が高くなります。

深めのラフでフェースが立っているクラブを選ぶと芝の抵抗でうまくショットが出来なくなります。

ラフでも色々な状況があります。夏のコースだとラフの芝も長くなり粘りが強い事があります。

冬の場合は長くない場合が多く粘りも少ないです。ボールがラフに入ってしまったら、その付近で素振りを行いラフの状態を見極める事が大事です。

クラブヘッドがしっかり入り込めるか、抵抗の大きさなどを考えてクラブを選択する事が大事です。

深くて抵抗が多い様であればロフトの大きいクラブを使用してしっかりボールをあげるようにする必要がありますし、芝も短く抵抗が少なければファースのたったクラブでも十分打つ事ができます。

ラフでのショットの注意点としてフェースを開いてショットする事が重要です。

ラフの形状を理解する事で選択するクラブが変わってくるので注意が必要です。